Japan

FWCSA 2010 : JPN vs NED

かなり惜しい良い試合でした。 あー、くやしい、同点引き分けでも良かったのに。 明らかに大きな実力差のあるオランダ相手に、日本イレブンは果敢にクレバーに自分たちのサッカーを展開し、結果1:0の敗戦。 まあ、失点もキーパー川島が止めても良かった失点だし、日本の得点になりそうな良いシーンも何度か作れたので、まあ良く戦ったと言いたいです。 ただ、確かにスネイデルのシュートはすごかったけど、誰もプレスせず完全に間が抜けた感じで、してやられたのが本当に悔しいです。 得点前の場面は、自陣右サイドへスネイデルが持ち込み本田が付いたが、オーバーラップして上がったファンブロンクホルストへパスを出され、駒野が付くもセンタリング、闘莉王がヘッドでクリアしてファンペルシーに渡り、この時点で起点となったスネイデルが良い位置へ移動したのに、誰もフォロウ出来ませんでした。 阿部はペナルティーエリア付近中央よりのカイトをみていたし、中澤はファンペルシーの対応で、本来は、一度スネイデルに付いた本田が、オフサイドのアピールなのか片手を上げて歩いていますが、スネイデルから目を離すべきではなかったのでしょう。

Continue Reading

FWCSA 2010 : JPN vs CMR

前半終わって1-0。 得点の場面は当然としても、それ以外の場面でも攻撃・守備にと、前半通して本田・松井が素晴らしい。大久保は相変わらず本人の得点の匂いはないけれど、キレキレと言うだけあって、守備・ファール取りなど力を発揮。 駒野は思いの外、頑張って高評価。 中村のいない分、遠慮なく自分のプレーが出来ている様子で、松井・長谷部・本田とのコンビネーションも良い感じ。 試合前の心配は、駒野が転んで振り切られて危ない場面が生じることだったので、ほっとしました。 後は後半どこまで足が持つかと、岡田さんが遅れることなく正しい交代をするかです。 正直、何時も逆転されているだけにとても心配。

Continue Reading

対談 中田 x 本田

久しぶりに中田がサッカーについて語るのを見ました。 やはりなかなかの人でした。 個性が勝って日本では批判も多かったけれど、マスコミに対する彼の見方も含め、個人的にはとても共感できる選手でした。 プレーについても、日本のサッカー選手では、釜本さん以来、一番試合で見たい選手でした。 勝手なことを言えば、敗戦後のインタビューの後に足を引きずってしまういいわけがましい選手や、敗戦後に上司に進退伺いをしてそれを自らマスコミにしゃべってしまうような、50才を越えた組織の長としてあるまじき半端な人とは、比較することすら失礼という感じです。 正に惜しむべくは、日本サッカーを取り巻く環境の成熟度が低さが大きく災いして、彼の引退を早めたように感じられることです。

Continue Reading

Test Match : JPN vs ENG

歴史的に蹴鞠が貴族の遊びだった国民性も含め(笑)、サッカーに関するイメージの成熟度云々を含めて、以前からの問題点だったが、、、 前回ワールドカップのオーストラリア戦で以来、特にクローズアップされたように、今日もまた、1点を守れないチーム、加えてひどいことに、守ろうとしない監督。 「親善試合で1点を守る試合をしてもしょうがないんで、、、」とのこと。 どうしてこういう事を言うのか、悲しい。

Continue Reading