Home > Football > FWCSA 2010 : ITA vs SVK

FWCSA 2010 : ITA vs SVK

June 25th, 2010

大会前から指摘されていたように、結局、前回優勝したリッピ監督が、新しい若い選手を入れて信頼関係を築きなおすことを、怠けたのか、出来なかったのか、とにかくこれが敗因でした。

ピルロ一人に頼ったチームを作ってしまった上にそのピルロが故障し、加えて守護神を期待したブフォンも故障と、運もなかったけど、精神的な柱としても期待したカンナバーロは明らかに年齢から無理が利かず、キエッリーニも集中力の欠ける場面もあり、ワールドカップという特別な場面に必要とされる強さという意味では力不足。 いかなガットゥーゾ好きの私でも、勝てていないリーグ戦の3戦目で、今大会で代表を去るガットゥーゾをスタメン起用するのは、チーム全体の人選の誤ちの象徴と言わざるを得ません。何とも残念な結果です。

モントリーボも良い選手ですが、やはりピルロは段違いの選手です。 時既に遅かったはいえ、後半彼が参加すると、5分もせずにパスが回り展開が広がり、イタリアが生き返りました。

こんな負け試合を見ても、やっぱり私はイタリアのサッカーが好きです。 守備はぼろぼろだったけど、2得点はやっぱりイタリアらしかったし、今大会、もうイタリアを見られないのがとても残念です。

試合経過:

若いスロベキアと、旬を過ぎた選手ばかりのイタリアの戦い。
失う物のないスロベキアに、ボールの収まらないイタリア、
前半ペースは終始スロベキア。

25分、あまりに軽率なデロッシ、相変わらず人の良いモンテリーボに、
必死のビテクのシュート、守護神は腰痛で不在、結果は早々に失点。

前半のイタリアは良いところなく、そのまま0-1で終了。

イタリアは後半開始よりクリシト、ガットゥーゾを下げて、クアリアレッタ、マッジオを投入。
加えて、56分ピルロを投入。
すると、瞬く間にイタリアは別のチームに。ピルロ恐るべし。
中村投入で、日本代表もこのぐらい変わればと思う。

しかし、生き返るかと思われた矢先の70分過ぎ、
一瞬の集中力を欠いたキエッリーニがビテクを押さえきれず追加点で0-2。

もうだめと思ったけど、80分に遅ればせながら、流石イタリアです。
自陣ゴール前のキエッリーニのクリアからカウンターでピルロが運び、
中へ上がったぺぺから、右のクアリアレッタ、中のイアキンタから
ヒールパスで、走り込んだクアリアレッタとつないでシュート、
キーパーはじいたところにディナターレが落ち着いて得点と、
なんともイタリアらしい展開で1-2。

ここから、足の止まるスロバキアに対し、イタリア怒濤の攻撃、
残り6分クアリアレッタ追加点かと思いきや、痛恨のオフサイド。

88分、気の急いたカンナバーロが前に出すぎて、
デロッシも集中力無く、スロベキア、スローインから追加点で1-3。
マルチェッティもなぁ、スーパーセーブ無いし、万事休す。

それでもイタリアは、まだ見せてくれました。
ロスタイムにクアリアレッタ、絶妙のミドルコントロールシュートで、
追加点をとって2-3。

ロスタイム4分の内、残り1分少々、イタリア同点まで戻せるか?
キエッリーニのロングスローに最後望みをかけたけど、
ゴールキックの判定に、前回優勝国の敗退が決定。

Categories: Football Tags:
Comments are closed.