Home > Football > FWCSA 2010 : JPN vs NED

FWCSA 2010 : JPN vs NED

June 20th, 2010

かなり惜しい良い試合でした。 あー、くやしい、同点引き分けでも良かったのに。

明らかに大きな実力差のあるオランダ相手に、日本イレブンは果敢にクレバーに自分たちのサッカーを展開し、結果1:0の敗戦。 まあ、失点もキーパー川島が止めても良かった失点だし、日本の得点になりそうな良いシーンも何度か作れたので、まあ良く戦ったと言いたいです。

ただ、確かにスネイデルのシュートはすごかったけど、誰もプレスせず完全に間が抜けた感じで、してやられたのが本当に悔しいです。

得点前の場面は、自陣右サイドへスネイデルが持ち込み本田が付いたが、オーバーラップして上がったファンブロンクホルストへパスを出され、駒野が付くもセンタリング、闘莉王がヘッドでクリアしてファンペルシーに渡り、この時点で起点となったスネイデルが良い位置へ移動したのに、誰もフォロウ出来ませんでした。

阿部はペナルティーエリア付近中央よりのカイトをみていたし、中澤はファンペルシーの対応で、本来は、一度スネイデルに付いた本田が、オフサイドのアピールなのか片手を上げて歩いていますが、スネイデルから目を離すべきではなかったのでしょう。

前半開始より、日本代表は高い位置からの守備を行ったが、昨年秋の後半体力切れによる敗戦を糧にしてか、がむしゃらなプレスではなく効果的な方法をとっていました。 相手の4バック及びキーパーに対しては、本田・松井・遠藤等が代わる代わる、ある程度のプレッシャーを心がけ、ファンボネル・デヨングの両ボランチはパスの出所になるので早めに前後からプレスし、自陣へ縦のパスが入ったところでは人数をかけて強いプレスをかけるという合理的なもの。

前半は、オランダにポゼッションを許すも良い形でのシュートは許さず、逆に、右では松井のボールを運ぶ能力を介して、左では大久保のキレキレのドリブル(笑い)を生かして、敵陣へ攻め込み何度か良い形を作りました。攻撃は最大の防御で、日本の攻め上がりのせいでオランダも慎重にならざるを得ず、結果、0:0で終了。

後半、、、。1失点。 ワンチャンスで、スナイデルの強力なシュート。 残念。

しかし、このメンバー構成は中々良くできていて面白いです。
本田、 前から良く守備し、そこそこ球も収まり、玉際で精力的に働き、松井・遠藤と良く連携。
松井、 後半の体力は考えず?良くプレスし、独特のセンスでボールを前に運ぶ。
駒野、 守備の破綻も1回か2回程度で、攻め上がり、クロスもあり、実力を十分発揮。
遠藤、 相変わらずよく走り守備、ゲームコントロールに活躍、ピッチのどこにいても信頼大。
大久保、確かにキレキレ、結局点は取れくても、それを知らない相手には十分脅威、枠内シュート評価。
長谷部、相手縦パスへのプレス、攻撃時の押し上げと、冷静にゲームを運ぶ。
阿部、 コートジボワール戦に続いて、重要なポジションを良く果たしてます。 スネイデルをかなりコントロール。
長友、 安定感を増す走力を生かした守備、これでクロスの精度か、ドリブルからのシュートが枠へ行けば、、、。
中澤、 攻撃の底の役や高い位置での守備も身につけ、信頼できる素晴らしいセンターバック。
闘莉王、高さを生かした攻撃参加の技術も上がり、守備も安定、気持ちの面でも頼もしい。
川島、 今回はミスしたけど、良いセーブもあり、頑張っている。

ただし、岡田さんの交代選手のセンスには、何時も大きな疑問です。
岡崎はまあ良いとしても、玉田・中村の代わりに、森本・稲本出せばいいのに、、、。
岡崎、 何時も良い飛び出し、後は決めるだけ。 しかし格上相手に仕事の出来るしたたかさに欠けるなぁ。
玉田、 活躍には時間不足。 位置取りも今ひとつ。
中村、 もう出すな。守備しない(できない?)、ボール取られる、ゲームの流れ止める、負けている試合で、最後10分でバックパスばかり、最悪。 元々好きじゃないけど、この人は性格のせいか、ここ一番で役に立つタイプじゃない。

デンマーク戦、応援します。

Categories: Football Tags: ,
Comments are closed.