Home > Computer > Windows 10 VMWare PlayerでMac OS X High Sierraを使う

Windows 10 VMWare PlayerでMac OS X High Sierraを使う

Macbook Pro 13inch ではParallels Desktopを使用してWindows 10を走らせていますが、今度はWindows PCでMac OS Xを走らせてみることにしました。Windows上でiMessageが使いたかったのですが、WindowsでiMessage対応アプリケーションが見つけられずこの方法にしました。

使ったVirtual MachineはVMware Workstation Playerです。すべての手順を書くのは大変なので、いろいろ探して一番役に立ったウェブの情報を列挙しておきます。

  1. VMwareのダウンロードとMac OS X High Sierraのインストールですが、Googleで検索すると色々サイトがありますがここが一番情報がそろっていました。Techsviewer

    How to Install macOS High Sierra Final on VMware on Windows
  2. 立ち上げてみると画面が小さいままなので、ここで色々調べて、自分なりに設定しました。
    VMTN Community

    How to enable scaled Retina resolution in OS X guests

    私の設定は仮想マシンのディスプレイの設定はこの画像のように設定して、Mac OS XのTerminalで次のコマンドを実行してうまくいきました。これでVMWareのウィンドウサイズに合わせて自動でMacの画面設定が追随します。
    sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.windowserver.plist DisplayResolutionEnabled -bool false

  3. このままでは音が出なかったので、サウンドカードのドライバを入れて仮想マシンの設定を少し変えました。参考にしたのはここです。
    VMware Fusion の Snow Leopard Server から音が出ない!
  4. これで普通に使えるのですが、iMessageとFacetimeがHardware IDの関係で接続できません。色々試したのですがうまくいかず、最後にここの情報でうまくいきました。
    toshmatik/VMWare-iMessageの GUIDE

 

以上で設定は終了です。これで無事にiMessageがWindows上で使えるようになりました。

VMware Player Mac OS X High Sierra on WIndows 10

Categories: Computer Tags:
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.