Home > Football > FWCSA 2010 : JPN vs CMR

FWCSA 2010 : JPN vs CMR

June 15th, 2010

前半終わって1-0。

得点の場面は当然としても、それ以外の場面でも攻撃・守備にと、前半通して本田・松井が素晴らしい。大久保は相変わらず本人の得点の匂いはないけれど、キレキレと言うだけあって、守備・ファール取りなど力を発揮。

駒野は思いの外、頑張って高評価。 中村のいない分、遠慮なく自分のプレーが出来ている様子で、松井・長谷部・本田とのコンビネーションも良い感じ。 試合前の心配は、駒野が転んで振り切られて危ない場面が生じることだったので、ほっとしました。

後は後半どこまで足が持つかと、岡田さんが遅れることなく正しい交代をするかです。 正直、何時も逆転されているだけにとても心配。

遂に勝ちました。 アウェーのワールドカップ初勝利、遂に一人前のサッカー国への第一歩です。
岡田さん、悪口ばかり言ってごめんなさい。

ゲーム内容としては、かなり危ない場面も多く、相手の不調と運に救われての勝利でしたが、各選手はよく頑張っていました。 結局、後半60分過ぎは最終ラインが下り、足が衰えスペースができて、1-2で負けても仕方のないような内容。 後半85分頃、バーにヒットしたカメルーンのミドルが外れたことで、全員のアドレナリンが出て、切れかけていた集中力に活を入れて、何とかロスタイム4分まで守り切れたという感じでした。

本田のワントップは疑問だったけど、本人も試合後のコメントで触れていたように、自分のプレースタイルに徹する為に、下がって受けて前へ向かうと言うことを繰り返していて、これが正解でした。

松井、駒野の右サイドは、駒野の良いところが多く出て不必要なバックパスも少なく、松井も自分の持ち味であるドリブルやアイディア豊かなプレーで良い形を作っていました。

遠藤は、阿部のアンカー、長谷部の積極的な上がりとのコンビネーションも良く、守備に攻撃にと八面六臂の活躍。 各選手の個性が発揮しやすくなったことや、展開のスピード、守備面などで、中村を使わなかったのは大正解でした。

選手交代も、オシムさんが言ってましたけど、体力・気力で限界に来た選手を適宜交代というオーソドックスな感じで、個人的には矢野には位置取りを含めもう少し頑張って欲しいと感じましたが、まあ結果良好でした。負けている時の選手交代で功を奏したことのない岡田監督ですが、守備を固めるのは上手かった、と言っていいのかなぁ。

最大の勝因は、チームが自分たちが力を合わせて何とかするしかないと覚悟を決め、全員が一丸となったこと。 今年に入ってテストマッチを含めあまに結果が出なかったし、加えて岡田ジャパンとして相当なバッシングにさらされた結果、監督も相当煮詰まって、結局、人の意見を参考にするも、精一杯の頑固に出来ることやりきるという気分になったのでしょう。

前回のドイツ大会では、イタリアチームがユベントスの不祥事などでかなりの批判を浴びた状態でワールドカップを迎え、結果、チームの結束が強まって優勝したといわれましたが、、、果たして日本代表はこのまま一丸となって大きな成果を出せるのか。 楽しみです。 (というか、オランダ戦、とても不安です)

Categories: Football Tags: ,
Comments are closed.