Archive

Archive for February, 2018

Thunderbird Sender Address Addon

February 16th, 2018 No comments

Thunderbird extension site shows several extensions those shows sender’ real email address than their name, but most of them are outdated and do not support current version of Thunderbird.

Here is one extension which support current version. It works nicely.

 

Download link is here.

 

Categories: Computer Tags:

Windows Toggle Shortcut for Hidden files and Single click to open

February 13th, 2018 No comments

I recently found very useful tool at Keyboard Ninja site. It arrows us to hide and unhide hidden files in Windows Explorer by shortcut key.  Windows Key + H toggles the setting. Its very nice that for daily work, these file must be hidden, and when I want to manipulate windows, it make easily shows these hidden files.

Then I wanted to toggle setting of single click to open. When I use windows for daily work, I like to use single click mode. And when I like to edit many files or manipulate systems, I like to use double click mode (single click to select, double click to open). I searched internet to find shortcut key utility, but I could not find one, so I made it with help.

Here one cool guy posted VBS script that toggle this setting. Then just I need to set it to Aulto Hot Key shortcut application. Now I can use Windows Key + C key to toggle single click to open and double click to open mode.

Here is files, if you like.  Dowonload and run ToggleSingleClick.exe as startup application, then you can use it with shortcut key. If there is problem, please check source file a bit to adjust to your pc folder structure. Its not difficult.

ToggleSingleClick Download link

 

 

Categories: Computer Tags:

Metatrader 5 (MT5) 32bit vs 64bit

February 11th, 2018 No comments

On Windows 10, as everybody noticed, MetaTrader5 64bit is very slow and memory & cpu eater. We can not set experts and indicators to many charts., because it make MT5 freezes. Also if  MT5 gets many ticks as like after economic indicator releases, it freezes.

Coincidently, I recently installed Mint OS to VMware Workstation Player and I needed to install 32bit version of MT5 to made it work in Mint. Some information said that MT5Setup.exe /32 make 32bit install, but it seemed recent installer did not accept this options.

So I installed old 32bit windows 7 to rest of my HD, and installed MT5 to this OS, and got 32bit program files. I copied these files to Mint OS and they worked fine.

Then I thought this might be useful for Windows 10 too. So I tried to copy these files to MT5 64bit installed folder and changed shortcuts property a bit. Then I could run 32bit MT5 whiale using whole 64bit MT5 settings. And 32bit MT5 is far faster than 64bit. So I recommend everyone to try 32bit version.

Windos 10でメタトレーダー5を使う場合、デフォールトで64ビットバージョンがインストールされますが、これが遅くて重いのは皆さんもご存じの通りです。指標の後とかはフリーズしてトレードが出来ません。 またインジケータやエキスパートも多くのチャートにセットすることが出来ません。

たまたまLinux MintをVMware Playerを動かしていて、32bitのMT5が必要になり、MT5Setup.exe /32を試しましたが新しいインストーラーではこのオプションが動作しないようなので、仕方なくWindows 7 32bitを余ったHDにインストールして、MT5をインストールして、32bitのプログラムファイルを入手しました。MintのWineでこの32ビットのプログラムは問題なく動作しました。

ふとWindows 10でも32ビットバージョンが軽いのではと試してみました。64ビットMT5のインストールフォルダのプログラムを別フォルダに移して、32ビットのプログラムをコピーして、スタートメニューのショートカットを新しいプログラムをサス用の変更して、32ビット版が問題なく使えるようになりました。MT5のチャートやインジケータの設定は今までの64ビットの時のままです。 期待通り、32ビット版MT5の方が、64ビットよりずっと軽くて早い様子です。

是非皆さんにもお勧めします。

MT5-32bit.zip download link

Have fun.

 

Categories: FX Tags:

Windows 10 VMWare PlayerでMac OS X High Sierraを使う

February 3rd, 2018 No comments

Macbook Pro 13inch ではParallels Desktopを使用してWindows 10を走らせていますが、今度はWindows PCでMac OS Xを走らせてみることにしました。Windows上でiMessageが使いたかったのですが、WindowsでiMessage対応アプリケーションが見つけられずこの方法にしました。

使ったVirtual MachineはVMware Workstation Playerです。すべての手順を書くのは大変なので、いろいろ探して一番役に立ったウェブの情報を列挙しておきます。

  1. VMwareのダウンロードとMac OS X High Sierraのインストールですが、Googleで検索すると色々サイトがありますがここが一番情報がそろっていました。Techsviewer

    How to Install macOS High Sierra Final on VMware on Windows
  2. 立ち上げてみると画面が小さいままなので、ここで色々調べて、自分なりに設定しました。
    VMTN Community

    How to enable scaled Retina resolution in OS X guests

    私の設定は仮想マシンのディスプレイの設定はこの画像のように設定して、Mac OS XのTerminalで次のコマンドを実行してうまくいきました。これでVMWareのウィンドウサイズに合わせて自動でMacの画面設定が追随します。
    sudo defaults write /Library/Preferences/com.apple.windowserver.plist DisplayResolutionEnabled -bool false

  3. このままでは音が出なかったので、サウンドカードのドライバを入れて仮想マシンの設定を少し変えました。参考にしたのはここです。
    VMware Fusion の Snow Leopard Server から音が出ない!
  4. これで普通に使えるのですが、iMessageとFacetimeがHardware IDの関係で接続できません。色々試したのですがうまくいかず、最後にここの情報でうまくいきました。
    toshmatik/VMWare-iMessageの GUIDE

 

以上で設定は終了です。これで無事にiMessageがWindows上で使えるようになりました。

VMware Player Mac OS X High Sierra on WIndows 10

Categories: Computer Tags: